<   2008年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

PES2009 BLモード

PC版ウイイレ2009のレジェンドモードの経過を書いてみる

*ピアキャス配信時に過去の流れがわかるようにするために記録

2008-2009シーズン

セリエA カターニャでシーズンをスタート。右ウイングとしてキャリアをスタートさせる。
当初はカターニャでベンチ外。それもサブB組として入団した。

当時カターニャにはセリエA唯一の日本人、森本が在籍していた。
俺は森本とともにカターニャのポジション争いに加わることになった。
だがいくつか紅白戦を重ね、サブA組にあがるもベンチから試合に出ることはなかった。

その年、夏の移籍シーズンでジェノアからオファーがあった。
即戦力としてトップチームに合流させてくれるとのことだった。
俺はすぐに移籍を決意した。


ジェノアでは5-3-2という超守備的フォメながら、途中出場を中心に18試合に出場する。
セリエA初ゴールも決め、シーズン3ゴールを上げる。
中でもD1CUP決勝戦初出場を決めることになった準決勝ユベントス戦のゴールは
多くのスカウト陣の目を引いたことだろう。

だがジェノアは、FWを9人も抱える攻撃陣過多のチームだった。
俺は出場機会を求め、冬の移籍市場で大黒が所属したトリノに移籍することにした。


2009-2010シーズン

トリノはなんといってもイタリアの若き司令塔、ロジーナのチーム。
ディミケーレとアモローゾの2トップに食い込むには紅白戦で結果を出すしかない。

リーグ戦への出場は途中出場程度だったが、UEFAカップにスタメンで参戦。
決勝のドルトムントに3-0で勝利、そのうちの2ゴールを決める活躍を見せる。
UEFAカップ得点王の実績を引っさげ、シーズントータルで14ゴール3アシスト。

c0038724_21392249.jpg


このシーズンは途中出場が多かったながら45試合に出場した。
UEFAカップでの活躍が認められ、
年棒も320→870と大幅にアップ。トリノと契約更改した。

2010-2011シーズン

3シーズン目となったセリエAでは、完全にトリノの主力となってプレー。
日本代表にも選出され、3試合の親善試合で1アシストをマーク。

中でもUEFAカップ優勝枠として出場したCLではレアルを破ってなんと優勝。
トリノFCとしても初出場・初優勝の快挙をなしとけた。
同時に11ゴールで CL得点王獲得。
リーグでもリーグ得点王とMVPを獲得。磐石のシーズンを終えた。
トータルで56試合に出場して31ゴール3アシストと奮闘した。

c0038724_2140241.jpg


俺は「セリエAにもう用はない。スペインでプレーしたい」とリーガ参戦を表明。
オファーを待った。

冬の移籍シーズンではインテルから破格のオファーがあったもののそれをけり、
アトレティコ・マドリードのオファーを受ける。

年棒は1670にアップした。

2011-2012シーズン

アトレティコはこのシーズン、リバプールに慣れずに戻ってきたトーレス、
完全にエース格に成長したアグエロ、ベテランストライカー フォルランなど
豊富な面子を抱えていたが、このシーズン始まってみれば
なんと開幕4連敗。
2basa自身も途中出場がメインとなり、不安なシーズン開幕となる。

しかし5試合目のCL予選リーグで初得点。ここからの巻き返しに期待!

c0038724_2140294.jpg


*PeercastのKP(http://kp.podzone.net/index_ch.php)で
たまにウイイレ・FIFAの配信をしてます
2basa理論って名前でやってます。 よろしく~
[PR]
by 2basa | 2008-11-03 21:40 | 日記